MEDIA

のん主演『私をくいとめて』第33回東京国際映画祭 観客賞受賞

当社サービス「Jector」を使用し、当社が製作に参加しております、のん主演映画「私をくいとめて」(大九明子監督、12月18日公開)が 2020年 10月 31日~ 11月 9日に開催されていた、第33回東京国際映画祭で観客賞を受賞いたしました。『私をくいとめて』は、『蹴りたい背中』で芥川龍之介賞を受賞した小説家・綿矢りさ氏の小説の実写映画化作品です。

東京国際映画祭はアジア最大規模の映画祭で、今年は新型コロナウイルスの影響により最優秀賞を競う「コンペティション部門」を中止しており、今回、唯一の賞となった「観客賞」に選出されました。この賞は32の対象作品の中から観客の投票によって選ばれたものです。

大九明子監督コメント
3年前に賞を頂いたときとは世界は全く違っていて、映画祭も全く違った形になりました。まだまだ出歩くことが安心できない不安な中で、劇場まで足を運んだ皆さんの貴重な1票が、私どもにこの賞を下さったのだと、いつも以上に感慨深い気持ちです

のんコメント
ステキな賞をいただき、ありがとうございます。今年は唯一の賞。観客の皆さんに応援いただいたということで、うれしく思っています。私事ではありますが、この作品で何年ぶりかの主演。大九監督に呼んでいただいて、この映画に参加させていただいた。本当に本当に心から喜びでいっぱいです。

『私をくいとめて』公式webサイト:
 https://kuitomete.jp/

『Jector』サービスサイト:
 https://www.jector.com/