大切にしていること

クラウドで人々をもっとクリエイティブに
代表取締役

川村 ミサキ

「クラウドで人々をもっとクリエイティブに」。これが私たちのミッションです。ところでクラウドとクリエイティブにはどんな関係があるのでしょうか。
私たちはクラウド上にお客様のデータを保管するサービスを提供していますが、クラウドを単なるネットワーク上の箱や倉庫として考えているわけではありません。そこでコンテンツを共有して活用したり、失われないように安全に保管することで、人と人がつながり、コラボレーションが促進され、新たなクリエイティブが生まれる場所になることを目指しています。

これからはクラウド上のデータを人工知能が分析することで、テクノロジーが人間の創造性をアシストする時代がやってきます。つまり、クラウドはただデータを便利に扱えるというだけでなく、人間のクリエイティブに影響を与え、コンテンツがより豊かになっていくきっかけとなる可能性を秘めているのです。

私達はこうした未来を創ることで、お客様の生活やビジネスをより便利にするというだけでなく、よりクリエイティブにすることに貢献していきたいと思っています。

テクノロジーと本質の追求
開発部

大久保 佑樹

テクノロジーは、我々が価値を生み出すために最も大切にしている要素です。そのため、新旧含めテクノロジーについての追求・研究を欠かすことはありません。新しいテクノロジーは秒進分歩で生み出されており、新たな価値を提供するのに採用できないか日々模索しています。
しかし、新しいテクノロジーを興味本位だけで採用するようなことはしていません。 そのテクノロジーが本当に私達が求める価値を生み出せるのか、また十年先を見据えているのかを見極めた上で、慎重に選択しています。
本質を追究することは、私達が常に意識している大切な行動規範です。 例えば、私達はお客様からの声をそのまま採用するのではなく、その声の裏にある本質的な問題や課題を常に追求しています。調査、検討を重ね、意味のある価値を迅速に提供できるよう心掛けています。

先回りしたサポート提供を
カスタマーサポート部

小池 由香里

私達サポートが仕事をする上で一番大切にしていることは、サービスに対するお客様の満足度を高めたいという気持ちです。単なるお客様対応窓口ではありません。
普段使っていただいているお客様や、弊社サービスに興味を持っていただいた方に機能や魅力が伝わるよう、マニュアルやFAQなどの資料作りに関しても、常にお客様目線で作成することを心がけています。
また、お客様の声から得たフィードバックは積極的に社内に共有し、お客様がどう感じるか、どう感じたかということを軸にサービスに対して意見していくことで、サポート面だけでなく、より良いサービス提供ができるように努めています。
お客様に満足してご利用いただくために、先を見越したサポートを追い求め続けていきます。

確かな信用をサービスに込めて
クラウドストレージ営業部

神田 慧史

私は、主に「Jector」をメインとして営業活動をしております。私が日々の営業で心がけていることとしては 2 つです。
1つめは『ねこじゃらし』という、不思議でユニークな社名に集った素晴らしいメンバーが生み出したサービスを世界に発信することです。ねこじゃらしは自社で 0 から生み出す開発力と丁寧なサポート体制が最大の魅力だと思っております。
この魅力をより多くのお客様にお伝えすることが私の責務だと思っております。
2 つめはお客様から常に信用されるパートナーとして意識することです。 日々、お客様から頂戴する内容を理解するためには、他社様のサービスや領域の違う分野にも常にアンテナを張り続けるように心がけております。 以上の 2 つの目的を持ち、弊社メンバーやお客様が一番満足していただける対応を目指しております。

スペシャリスト軍団で、最適な価値提供を
バックアップ営業部

竹下 太一

クラウドバックアップサービス「BackStore」を取り扱うチームで営業とマネジメントを行っています。 企業内のデータ管理は複雑化する一方で、そのバックアップへのご要望も様々です。そんなお客様へベストな価値を提供するために、「専門性」と「連携」を大切にしています。
「専門性」と「連携」とは、単なるバックアップのご提案ではなく、一歩先読みした課題解決を、数あるサービスの中から選定し提案する「専門性」と社内メンバーはもちろん、メーカー様やパートナー様と協力し、導入から運用までサポートする「連携」です。
これからも「専門性」のあるメンバーが「連携」する「スペシャリスト軍団」として価値を提供していきます。

サービスに愛着を持つこと
システム部

西垣 公平

私は開発者ではないため、プロダクトを創る立場ではありませんが、自分たちが好きでいられないサービスを構築・運用して提供し続けることはできません。
サービスに愛着を持てるよう、提供している自分でも積極的に「Jector」を始めとするサービスを利用し、どんなところが便利か、どんなところに不便さが残っているかを気にかけています。そして、自分の関わる範囲であるサーバ・インフラの観点から 「どうすればサービスをより快適に利用してもらえるか」を考え、意識して日々の仕事に取り組んでいます。
これからも、お客様に安定したサービスをお届けできるよう責任を持って当社のインフラを支えていきます。

価値のあるサービスを、必要としている人の元へ
マーケティングデザイン部

片岡 美月

クラウドバックアップのマーケティングとして、ホームページのリニューアルやコンテンツの作成、SEO 対策、各種施策や広告の運用など幅広く携わっています。
クラウドバックアップは一般的にその「良さ」が分かりづらいサービスです。ですが、 データが企業にとって重要な資産である今日、そのデータを保護するバックアップは欠かせないツールです。
結果がすぐに現れるものばかりでないため、限られたリソースでいかに最大限の成果が出せるか、諦めずに可能性を信じ、継続することを意識しています。
ただ検索で一番を目指すのではなく、サービスの大切さを一番に理解し、どうすれば潜在的にそれを必要としている人へ響かせることができるかを考え続けています。

少数精鋭の強いチーム作りを
管理部 採用担当

村田 優香里

管理部門で採用から労務、総務まで多岐にわたり業務を行なっています。中でも一番重要なのが「人事・採用」です。 会社の状況により、採用する職種やポジション、人数が変わりますが、その時々でどのような方を採用するのが望ましいか、常に会社全体像を捉えて採用を行っています。
技術力を強みとした当社では、チャレンジ精神のある意欲的な方を求めています。
失敗することを恐れては前に進むことはできません。実際、私自身 5 年前にこのベンチャーという少数精鋭の会社に飛び込み、今ではあらゆる管理業務において自信を持って取り組んでいます。
これから飛躍的に組織を拡大させていくために、たくさんの方にお会いできることを楽しみにしています。